« NPC戦実装 その2 | トップページ | ドレッドルートガンス その7 »

2007年9月 9日 (日)

ドレッドルートガンス その6

ドレットルートガンス2週目土曜夜の部。結果~

(デミス)○×○○○○×○○○○○○○×
(トマハン)○○××
(ロックバーン)○×○○○○○○○

7連勝×2~♪^^v

いやーついに来ました、7連勝^^ よかったよかった。いやー、久々だ~

またしてもデミスで。2敗後連勝開始。5連後の6戦目。ここ数ヶ月この6戦目の壁が厚い・・・。手札はそこそこだったのだが相手の伏せが多くて序盤には動けず。相手の1ターン目のモンスの伏せが老魔だったのでおそらくスタン。それがわかっていたのであせって動かなかった。相手が手札事故だったようでモンスが来てないだけでした。ある程度とめられても対応できるぐらいになってから動いて勝利。後でログを見ましたが落とし穴やホーリーライフバリアが入っていたし40枚越えデッキだったので初心者だったかな?7戦目。相手は韓国人でスタン。ここで今週一番の引き!初手5枚でパーツがすべて揃っています。後攻初手でいきなり動いて1KILL。7連です。

とりあえず一安心の7連ですが今回はTPも稼いでおかなければなりません。できる限り連勝して稼ぎたいところ。・・・・・・・だったのですが8戦目。対バーンにあっさりと焼かれました><

負けたところでデッキチェンジ。トマハンミーネで。2勝2敗。バーンと帝に負け。2敗したところでヤメ。

次。久々にロックバーンで。この直前にがっちりとロックされて負けていたので久々に使ってみることに。私もなんですがやはりバーンよりはデミスに対策カードを使っているのが多いので展開次第で何とかならないかと思い使用。

ショッカー出されて負け後、連勝開始。5戦目、相手は73枚デッキの日本人なんですが・・・・・来ました!遅延です><;;それも毎チェーン毎チェーン・・・・。しかも手札抹殺からブラマジ蘇生→黒魔導。混沌→黒魔導回収→再び。となかなかがんばる・・・。そして、有利になると遅延しなくなる・・・・・・・・・。ちょっと危なかったがデミス用として積んでおいた和睦が活躍。ラヴァ召喚から和睦の連続で壁を守り削りきりました。不利になると再び遅延して来ました・・・・。強烈な遅延に合い残り時間が微妙に・・・。6戦目、相手はスタン、ミーネ入り。トマハン風味だったのかも。初手に貼った平和を最後まで相手は崩せず。勝利。残り時間3分、なんとか7戦目には入れました。相手は初心者っぽい相手でしたがデミスが出てきました・・・>< ただ、デミスドーザーというわけではなくデミスも入れているといった感じのデッキでした。おそらく初心者で使えそうなカードを入れているといった感じでした。使ってきているカードからデミスは予想できなく危なかったのですがメタモル使用直後だった為に手札にカードが多く大事には至りませんでした。何とか耐えて7連^^ 時間切れ終了です。

久々のロックバーンで7連。やっぱり私はこのデッキなのか?と思いたいところですが今回は相手に恵まれすぎました。デミスには1度しか当たりませんでしたし初心者っぽい人が多かったです。今回はデッキレシピのやつを変更して和睦を3積していました。これがうまい具合に活躍してくれました。デミス相手にもスタン相手にも大事なところで活躍してくれました。7連中和睦がなければ負けていたのが2戦ありました。その他気づいたのは意外とロックパーツが崩されなかったこと。デミス対策に炎帝を今回のパックで風帝をと使っている帝が割れているせいかメビウスが出てくるのが少ないのも原因かと。今回は相手に恵まれていたのでどこまで参考になるかは微妙なところですが・・・

今回はもう半分諦めていた7連カードが2枚取れたのでよかったです^^

|

« NPC戦実装 その2 | トップページ | ドレッドルートガンス その7 »

コメント

音速さんおめでとうございます^^
私も音速さんに負けてあの時は4連敗でしたが、そのあと連勝が始まり、8連までいきました^^
にしても相変わらずメインアバターがINできないままなんですが;; TPランキング902位と微妙な位置なのに困った;; 1000位以内に残れるだろうか・・・

投稿: JikkenNezumIことHATA1123 | 2007年9月 9日 (日) 01時17分

インもできないというのはおかしいですね。何らかの制限を受けていてもデュエルができないとかチャットができないとか程度だとおもうのですが・・・。一度問い合わせてみてはどうですか?

投稿: 音速の末脚 | 2007年9月 9日 (日) 15時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NPC戦実装 その2 | トップページ | ドレッドルートガンス その7 »