« ペーテントライアル その3 | トップページ | デッキ修正 その2 »

2007年5月29日 (火)

デッキ修正

制限改訂、新パック追加なのでデッキ修正を。制限改訂前に途中までやっていたがまた上からやり直します。上の方はサクッと終わらせたい。デッキレシピの上から順に~

ノーマルスタン

いきなりですがこのデッキは保留で。制限改訂後にとりあえず入れ替えたが良くない。トライでは5勝3敗だったので悪くはないのだがいまいち手ごたえが・・・。全体的に変更予定なので今日のところは保留で。デッキレシピはトライの時のままにしておきます。

地アンデット

このデッキはもう使わないような気もするのだが地スタン→地アンデットとずっとメインで使っていたデッキ。ガンスで7連していた時代もあった。一応功労デッキということで修正して残します。イベントで使うならお触れ型+ショッカーにしないと厳しそう・・・。

ホルス

施し、ブレイカーを強奪、アサイラントに。トライでの結果はまずまず。お触れ、ショッカー積んでいるのでバーン相手でも戦える。だがこのデッキは事故率がなぜか意外と高い。その時の調子に大きく左右される・・・。パッと見た感じそんなに悪そうじゃないのだが・・・?

ネフロード

施し、ブレイカーを強奪、アサイラントに。一応これだけの変更でトライでは5勝3敗と普通。ロックに対抗する為に砂塵を積むかネフティスを自分で破壊できるようにするかがいい気がするがこのあたりはもうちょっと試してみないと。とりあえずはトライで使ったデッキのままで。

ネフロードスキドレ型

施し、ブレイカーを強奪、アサイラントに。死魔デッキにスキルドレインが入っているのでお触れは積めない。今のイベント環境には合わないかな?

ガンスで使いたいデッキなのだが黄泉がいる以上お触れは貼りにくい。そうするとバーン対策が・・・。ショッカーぐらいは入れるべきかな?一応メビウスがたくさんいるのでロックはいいのだが罠カードは使われ放題になってしまう・・・。このあたりをどうするかなのだが実際に戦ってみないとなんとも・・・。

アンデット帝

特に変わった変動はなし。これも黄泉が入るのでお触れは使いにくい。ショッカーと砂塵追加で何とかなるかな?

黄泉クリ帝

トライでは5連勝も相手に恵まれた為に参考にならず。やはり1KILLがいなくなった以上使用機会は減りそう。

次元帝

トライでは安定せず。だが構成はこれで良さそう。ある程度事故るのはこのデッキではしょうがないかと。しばらくこれで様子を見ます。

4帝

使ってないので構成は触らず。いろいろ試せる場所がほしい・・・。

ロックバーン

不動のデッキも制限改正の為に変えざるを得ない。ブレイカー、施し抜けで連鎖爆撃、猛毒薬入れ。連鎖爆撃は使えそうなので入れ。あとはこれといったものがないので猛毒薬を。以前のバーン系が制限を受けた時も空いたスペースに猛毒薬を入れていたので今回も空いたスペースに猛毒薬を入れた。あの時とはカードの実装枚数が違うがとりあえずこれで様子見。毎度の事ながら試す機会がないのでガンスにぶっつけ本番になりそう・・・。

フルバーン

ロックバーンと違いデッキが定まらない・・・。またまたちょっと変更。死霊、マシュマロンを抜いて攻撃カードに変えました。さらに新パックから連鎖爆撃を入れ。

連弾バーン

制限改訂で抜けたのは施しだけ。トライでも結果が出ていたように影響は少ない。このデッキはこの形で落ち着いたかな?

キュアバーン

いろいろ変更。施し、大嵐、鉄檻2、ブレイカー抜きでコアラ3護封壁2追加。場に残り続ける罠魔法が多いので大嵐を抜き2ターンしか持たない鉄檻を抜いてデッキコンセプトから回復量が多い為に護封壁を入れ、ビックバンガールが引けないと何もないまま膠着となってしまう為にちょっとでも補助&壁にコアラ入れ。

シモッチバーン

これもいろいろ変更。施し、ブレイカー、大嵐、仕込み2抜き、強奪、車輪、成金、黒猫、闇の仮面入れ。このデッキも場に残る罠魔法が多い為に大嵐を抜き、シモッチ効果で戦うのにさらに重点を置くようにしたために仕込みを抜き。準制限解除の成金入れ、シモッチと相性のいい強奪入れ、シモッチを場に出しやすくする為に黒猫、闇の仮面を入れ。この構成でトライで戦いました。

炎バーン

施しを強奪に変更のみ。最近使ってないのでその他の変更はなし。

変更は少ないはずなのにいまいち進まないな~。ちょうど区切りだしこんな時間なので今日はここまでで・・・^^;ここまでのHPデッキレシピを修正しておきました。

|

« ペーテントライアル その3 | トップページ | デッキ修正 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ペーテントライアル その3 | トップページ | デッキ修正 その2 »